今日はくろしお君が
情報交流館に来てくれました♪
木の玉プールや木馬で遊んだ後、
『いつでも木工』に挑戦!!
ドングリや松ぼっくりを使って
かべかけを作りました。

上手です!!

『いつでも木工』
は以下の手順で、予約なしで木工工作が楽しめます。

1.受付で作りたいキットを選んで、購入。
2.受付で道具箱を受け取り、館内の好きなところで工作する。
3.作品作りが終わったら、片付けて受付に道具箱を返す。

『いつでも木工』
いつでもできます!!
ご来館の際には、お楽しみください♪

今日の情報交流館は暖かい陽ざしに包まれています。
ウグイスの鳴き声も、日に日に上手になっていっていますよ♪

森林研修センターへの坂道のサクラが満開になりました。

【シロバナタンポポ】
在来種のタンポポです
黄色い西洋タンポポが増える前は、
高知でもタンポポといえば、白い花だったそうです。
西洋タンポポのように年中は見られなくて、
春咲きのお花です。

【カキドオシ】
シソ科の植物で香りがあります。
このお花、エディブルフラワー(食用花)で、
なんと食べても大丈夫です。
サラダの上にトッピングするとパッと華やぎます。

【オニフスベ?】
竹のブランコの下の芝生の中にポコポコと現れた直径5センチほどのキノコ。
大きくなると直径50センチほどになるそうで・・・

中は白く。
幼菌時で中が白いものは食べられるそうです。
不味くもないが美味しくもないとのこと・・・

「春の里山めぐり&春の草団子づくり」
中止となりました。

柔らかいヨモギの新芽が出てきています。
お餅や団子に入れると鮮やかな緑が美しく、香りもたちます。
新芽が開ききらないあたりを、天ぷらにしても美味しいですよ。

四月のイベント
「タケノコ掘りとタケノコご飯」

定員になり、募集は締め切らせていただきました。

情報交流館周辺の森は、日ごとに春めいてきています。
森のパトロール中に出会った春の森の仲間たちをご紹介します。

クサイチゴ
5月ごろ、甘くておいしい赤いイチゴになります。

セントウソウ
森の小道で春の先頭に咲き始めます。

モクズガニ(ツガニ)
ビオトープでゆっくりゆっくり動いていました。

森は癒されますね・・・