1月23(日)、2月27日(日)の2回に分けて里山暮らし体験講座を行いました。

この講座では、里山暮らしの知恵を体験します。原木の薪割りから炭焼き、花炭作り、七輪での火おこし、竹飯づくり、きのこの駒打ちなど沢山の体験ができます。1月の第1回目の講座は生憎の天気でしたがテントの下で講座を開催しました。炭焼きの仕組みや窯の説明を聞き、横に積み上げている原木を窯に入れます。窯入れ後は七輪で火をおこし、持参した食材を焼いての昼食です。午後は花炭作りをし第1回目は終了となりました。

2月の第2回講座では、窯出しから始まります。炭になった原木を窯から取り出します。取り出した炭を並べ、袋に詰めていきます。窯出しの後は、竹飯づくりです。ノコギリとノミを使い、竹の飯盒を作ります。炊き上がったご飯は同じく竹で作った食器に盛っていきます。ほのかに竹の香りのするご飯でした。午後はきのこの駒打ちをします。普段は体験することのない作業ですので皆さん楽しそうでした。原木しいたけ、生えるのが待ち遠しいですね。

~参加された方の声~

「とても楽しい体験ができて感謝しています。炭焼き、七輪、きのこの駒打ち等、日常とはかけ離れた体験ができました。」「自然の中で体験ができ、気持ちの良い時間が過ごせました。」「竹で炊いたご飯はとても美味しかったです。炭焼きや駒打ちなどいろいろな体験ができてあっという間でした。自然をうまく利用していくことや共存等気づくことも多かったです。」

2回に分けての里山体験講座、皆さん楽しい体験ができた、あっという間でした等、大変楽しんで里山の知恵と知識を学べたようです。今回作った炭や覚えた知識を利用して今後も楽しんでみてください。

2月23日(水)高芝工房ワークショップを開催しました。講師は高芝俊信さんです。このワークショップでは間伐材を使った作品作りをし、恐竜や干支、動物に人などたくさんの作品を作ることができます。慎重に部品をくっつけて・・・パーツ同士は針金を差し込んで繋いでいます。少し力がいるのでグリグリとねじ込んでいきます。子ども達はもちろん大人も夢中になって作っていました。完成です!参加された方は、次々と作品を追加して作っていました。「木材を使った動物などを作れて、子ども達もとても楽しくできました。また参加したいです。」「大変楽しかったようで3つも作らしていただき大満足です。」「家の中のどこに飾ろうか考えるのも楽しみです。」「思い出になるものが作れてよかった。」「とても可愛い作品ができて喜んでいます。」など皆さん良い思い出と作品になるものが出来たようです。

木のおもちゃでもあり、素朴な温かみのある木のインテリアにもなる、この恐竜や動物の作品は情報交流館にて展示中です。ぜひご覧になってください。

2月20日(日)イベント「きのこの駒打ち体験」を開催しました。講師は森ときのこを愛する会の和田さんです。きのこのお話では見分けるのが難しいきのこや、触ってはいけないきのこなど、きのこの迷信の話も合わせて興味深い話を聞くことができました。駒打ち専用ドリルの説明を聞いてから駒打ちの作業に入ります!間隔をあけて、どんどん穴を開けていきます駒をトンカチで打ち込み、駒打ちの完了です!

参加された方からは「きのこに興味がある息子が夢中で楽しんでいました。初めての体験で親はドリルの操作も面白く感じました。きのこの豆知識も駒打ちも貴重な経験ができて大満足です!ありがとうございました。」「子どもは金づちを使ったのが楽しかったようです。普段、きのこの生え方など知らないので子どもにとって良い機会となりました。しいたけが出来るのが楽しみです。」など嬉しい言葉を頂きました。

育てる場所や育て方のコツなどを聞き、また質問もして皆さんのキノコをしっかり育てるぞ!という気持ちが伝わる駒打ち体験でした。早ければ秋にはきのこが生えてきます。今から待ち遠しいですね。楽しみに育ててください。

 

 

 

 

 

2月13日(日)にチェーンソー体験講座「きのこの駒打ち」を開催しました。当日は生憎の天気でしたが屋根の下で作業をすることができました。ほだ木にドリルで穴を開けていきます、息の合った作業でどんどんと穴を開けていました。穴を開けたら駒を打ち込んでいきます。

後は、仮伏せの為に湿気のある日陰などにほだ木を保管し梅雨開けまで待ってから、本伏せをします。本伏せをする際は、ほだ木を直射日光の当たらない適度に風が通る場所に保管しましょう。

当日は他にも薪を作り焚火を起こしたり、ロープワークの学習なども行いました。

きのこが生えてくるのは、まだしばらく先ですが楽しみにお待ちください。ほだ木に散水したりハンマーで小口を叩いて振動を与えたりすると収穫量が増えるそうですよ。不思議ですね。「きのこの駒打ち体験」お疲れさまでした。

 

 

 

1月15日、22日、29日、2月5日の4日間、グリーンウッドワーク講座を開催しました。講師の先生は和田祥男さんです。

今回の講座ではヒノキの丸太から椅子を作ります。

まずは丸太から部材の切り出しをします。丸太が大きく節などもあり、悪戦苦闘しながらクサビやマンリキを使い4つ割りにしていきます。

割った丸太を削り馬に乗り、センで荒加工していきます。

次に貫と座枠の加工をし、ホゾも作っていきます。ホゾゲージを使い削る場所に印を付けます。

ホゾ穴を開け、組み立てに入ります。木槌で打ち込み、脚の片側ができたら歪みを直していきます。

組み立てたら、座面を編んでいきます。上から下へと繰り返し編んでいきますが、網目をとばしたりと、単純なようで難しい作業です。

編み終わったら最後に、座面から上に出ている脚の部分を切って、面取りをして仕上げていき、完成です!

グリーンウッドワークでは手工具だけを使い、もの作りをします。大変な作業ですが、みなさん集中して作業をしていて、休憩するのも忘れるほどにのめりこんでいました。素敵な椅子が完成しました。ぜひ、大事に長く使ってください。

 

 

1月9日(日)にチェーンソー体験講座「薪作り」を開催しました。

今回も焚火を囲んでの座学でチェーンソーの仕組みを学んでいきます。

座学の後、実際にチェーンソーを使って実践していきます。

玉切りをした後に薪割りに入ります。薪割り機も準備はしていますが、今回は斧を使って割っていきます。

チェーンソーを初めて使う方もいましたが、皆さん注意深く説明を聞いて木を切っていました。斧の使い方もだんだんと様になっていました。

最後に割った薪を使って焚火をします。火おこしから焚火の時に注意する事、火の始末、焚火のマナー、簡単なことですが大切なことです。

薪作り、お疲れさまでした。皆さんチェーンソーの事など積極的に質問し、使い方をしっかり覚えていかれたかと思います。実際にお使いになられる時は今回の事を思い出して安全にお使いください。

 

12月12日(日)に「チェーンソーを使ったアウトドア体験講座」スウェーデントーチ作りを開催しました

寒かったので、焚火を囲んで座学です

続いて実践。まずは丸太の玉切りです

スウェーデントーチにしていきます
ほとんどの方がチェーンソー初体験でしたが、立派なトーチが完成しました

完成したスウェーデントーチに火をつけて楽しみました
1人2個作り、1個はお持ち帰りいただきました

森の元気お助け隊の方々からキャンプ、山、森の話を色々と教えてもらいました

1月9日(日)は薪作り 参加者募集中です!!

12月5日 イベント「クリスマスリース作り」を開催しました。

講師は木星会、川村純史(かわむらよしふみ)さんです。

リース作りの始まりです。ヒノキの葉を盛り付けていきます。 盛り付けた葉をリボンで巻いていきます。お昼にはオカリナの音色を聞きながら飾り付けをして・・・                      

素敵なリースができあがりました!飾り付けを変えるとお正月のしめ縄飾りにもなるこのリース、お家に飾って楽しんでください!