10月に講座開講決定しました!!
詳しくは10月の
『木と暮らしのモノづくり講座』をご覧ください。

講師:TAKEDA GANGU(武田玩具)さん
5月開催《コロナにより中止》の
木と暮らしのモノづくり講座(全3回)
を動画でご紹介します!

1日目 カッティングボード作り動画

2日目 スパチュラ作り動画

3日目 モーニングプレート作り動画

今回ご紹介しました
木と暮らしのモノづくり講座全3回
「中止になり残念!」
との声が多く、
秋に開催できるよう調整中です。
開催が決定しましたら当ブログにてご案内いたします。
今しばらくお待ちくださいませ。

 

お昼過ぎ、昨日からの雨があがり、
駐車場にあるモクマオウの木には
たくさんの水滴がついていました。

お花畑のように駐車スペース一面に咲いているユウゲショウ。
桃色のお花が次々に咲いています。

5月12日(火)から開館します。
皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

施設の開館についてのご案内

当館は5月12日(火)から開館いたします

休館中は大変ご不便をおかけいたしました

ご来館の皆様に安心してお楽しみいただけますよう、新型コロナウイルスの感染予防及び拡散防止のため各種対策を行いますので、ご理解ご協力をお願いいたします

 

新緑がまぶしいフィールドをパトロールしてきました。
次々と花開き香りが漂っていました。
虫たちも花に集まってきていて、にぎやかな宴のようでした。

アキグミ
20メートルぐらい先まで甘い香りが届いてきて、
近くまで行くとミツバチたちの羽音が聞こえてきます。
葉っぱはシルバーでやさしい印象の木です。
秋には1センチに満たない小さな赤い実が枝いっぱいに実ります。

モチツツジ
森林センター里山林で
一足早く咲くオンツツジが散る頃、
見頃を迎えるのが華やかなピンクのモチツツジ。

このモチツツジの茎や葉には腺毛が生えていてねばねばした液を出しています。
茎や葉がねばねばしていることからモチツツジと呼ばれるそうです。

ギンリョウソウ
地面からニョキっと生えていて
なんだか不思議な植物のギンリョウソウ。

アオスジアゲハがトベラの上を
舞っていました。

今日はポカポカ陽気の一日でした♪

 新型コロナウイルス感染の拡大を防止のため、高知県立森林研修センター情報交流館の閉鎖期間を下記の通り延長することとなりました。

施設をご利用いただいております皆様におかれましては、大変急な決定となりご迷惑をおかけすることとなりますが、ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

閉鎖期間:令和2年4月10日(金)~5月10日(日)

※新型コロナウイルス感染症の発生状況により期間を延長することがあります。

高知県立森林研修センター情報交流館
指定管理者 情報交流館ネットワーク

オンツツジ、咲いています♪

ヤマザクラが満開のころ、
朱赤色のオンツツジが咲き始めました。
情報交流館の森の中に、
ひときわ鮮やかに
オンツツジが咲く林があります。
今日はボランティアの方々に
オンツツジの林の中を散策できるように、
笹やシダなどの下草を
きれいに刈りはらっていただきました。

暗く入れなかった林が・・・

スッキリ見とおせるように!

オンツツジの林が・・・

明るくなりました!!

森のハンモックの下の斜面です。
まだまだつぼみがあり、しばらく見頃です

植村優人くん標本展
展示期間:4月1日(水)~5月6日(水)
休館日:毎週月曜日
5月4日(月)は祝日“みどりの日”のため開館
5月7日(木)が休館日となります。

植村優人くんが、高知県を中心に集めた
トンボ・チョウ・甲虫標本を企画展示室に展示します。

植村くんは小学5年の時、
高知市子ども科学図書館の
ネイチャークラブに入ったことがきっかけで、
トンボの観察や標本づくりを始めました。
現在、須崎市の上分中学2年の植村くんは、
須崎市安和地区のため池、(ジンデン池)にて
地区の方々と協力して
生き物の調査、保護活動に取り組んでいます。

雨模様の中、
本日は館内で遊ぶお子様がいらっしゃいました。

香南市からご来館の
田村にこさん、阪本こはるさんが
木のブロックを使ってお家を制作!

「二人だけのおうちを作りました。本当だったらいいなぁ。」
とのこと。
色々なお部屋があって、
ボルダリングのお部屋、トランポリンのお部屋、ダンススタジオ、プール・・・
とってもステキなお家でした

今日はくろしお君が
情報交流館に来てくれました♪
木の玉プールや木馬で遊んだ後、
『いつでも木工』に挑戦!!
ドングリや松ぼっくりを使って
かべかけを作りました。

上手です!!

『いつでも木工』
は以下の手順で、予約なしで木工工作が楽しめます。

1.受付で作りたいキットを選んで、購入。
2.受付で道具箱を受け取り、館内の好きなところで工作する。
3.作品作りが終わったら、片付けて受付に道具箱を返す。

『いつでも木工』
いつでもできます!!
ご来館の際には、お楽しみください♪